【気楽な旅行記 – 界 鬼怒川】桜の時期にオススメNo.1の温泉旅館へ −その②宿泊編−

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、3年目の結婚記念日旅行に星野リゾートの 界 鬼怒川 に行ってきました(^^)

界 鬼怒川といえば、ホームページにも掲載されているように、下写真のような温泉から桜が見えるお宿なので、今回の春旅の目的地に選びました!

残念ながら、私が行った4月1周目は、僅かに時期が早かったようで、満開の桜を見ることはできませんでした😅

東京が満開のときだったので、タイミング完璧だと思ったんですが、意外と鬼怒川や日光とは気温差が大きいようです・・(桜の開花時期を旅行で当てるのは難しいですよね・・😇)

しかし、そこはさすが星野リゾートさん、桜の雰囲気を楽しめる工夫が

随所にちりばめられていたので、後ほどそのあたりも紹介させていただきます😁🌸

今回の旅行は、

  1. 日光東照宮(観光・お参り)
  2. 界 鬼怒川(宿泊)

の順で回りました!

本編は、星野リゾート 界 鬼怒川の宿泊についてです!

思い出しただけでも顔がニヤける最高の1泊だったので、是非ご参考にしてください😆

また、界 到着前の日光東照宮のお参りについては、その①日光東照宮お参り編 で書いてますので、こちらもよろしければ見ていただけると幸いです(^^)

それでは、界 鬼怒川編 スタートです!

\各サイトで最安値をチェック!/

外観・チェックインについて

先ずは、到着したときの外観とチェックインについてです。

チャックインについては、ホテルへの入り口(入り方)が普通のホテルとは違い特別なので、ここでご紹介させていただきます😁

外観について

まず、到着したときの最初の入口・外観がこちらです!

広いロータリーにこのシンプルな表札、たまらなくオシャレで私好みです。

ちなみに、駐車場はこのロータリーから少しだけ離れているので、車で行かれた際は、先ずはこのロータリーに車を付けて、荷物などを降ろしてから駐車場に止めた方が良いかもしれません。

チェックイン方法について

次に、チェックイン方法についてです。

ここは、界 鬼怒川の一つのポイントですが、先ほどのロータリーに入って直進すると、一つドアが出てきてボタンが横に出てきます。

なんとこちら、ケーブルカーに乗って山道を上がりロビーに向かいます!

※イメージ画像

星野リゾートのコンセプトの一つとして、非日常空間を味わう というものがありますが、こういった演出は非日常感を高めてくれるので、私は大好きです(^^)

いざ、ケーブルカーに揺られて、非日常のリゾート空間へ向かいます。

そして着いた先には、とっても素敵な春のお花とロビーがお出迎えしてくれます😆

ちなみに、チェックインは15時からですが、少し早めに付くのがオススメです。

私達は、14時半頃に着いたのですが、先ほどのケーブルカーは貸し切りでした!(基本的には、恐らく相乗り)

また、15時からチェックインですが、このロビーはラウンジも兼ねているため、チェックインまでの間にラウンジのコーヒーや煎茶の飲み放題を楽しめます!

さらに、人も少なく色んな角度で写真も取り放題なので混み合う前に着いて、写真を取ったりほっこり一息付くのもよいのではないうでしょうか(^^)

お部屋・アメニティについて

つづいて、お部屋とアメニティについての紹介です!

今回、私達が泊まったお部屋のタイプは、最もベーシックな 和室(定員3名)というタイプの部屋に宿泊しました。

お部屋について

玄関

玄関入ってすぐに、可愛い鬼の置物がお出迎えしてくれます(^^)

横の消毒液は、鬼怒川の伝統工芸品である藍染めの巾着に入っていて、この辺りも細やかなこだわりが感じられます。

また、藍染めは 界 鬼怒川 の館内の随所に見ることができます(^^)

玄関には、館内履きの履物が用意されているのですが、またこれが可愛い・・・

至るところにセンスがあり、とことん自分好みで幸せでした😇

寝室

玄関をそのまま進むと、寝室がお目見えです!

これがまた素敵すぎます🙄

ベットにもそっと藍染めの掛け物がされいて、空間を引き締めてくれています。

また、このベット公式HPでも紹介されていますが、「ふわくもスリープ」と呼ばれいるベットで、とにかく寝心地が最高でした!

本当に、雲の上でふわっと寝ているような寝心地で、とても幸せな睡眠でした😆

バスルーム・トイレ

玄関入ってすぐの扉を開けると、バスルーム・トイレがあります。

非常に清潔感があってキレイでした。バスルームに浴槽はなく、シャワーのみでした。

大浴場があるので、私達はバスルームを使用しませんでしたが、軽くシャワーを浴びるには十分な設備と思います。

お部屋からの景色

お部屋からの景色はこんな感じです😆

テラス席が用意されていて、私は朝起きてここで白湯やコーヒーを飲んだりしていました。

また、目の前にあるのは桜の木でしたので、満開の季節に来たら独り占めでお花見を楽しめたかと😳🌸

ただ、お花は咲いてませんでしたが、とっても静かな環境でリラックスできる空間でした😁

その他に、部屋の中にはテレビやソファもあるので、ご安心ください😁

アメニティについて

アメニティについてもご紹介します。

カフェ・ミニバー

お部屋の中に、コーヒーやお茶といったものが用意されています。

さらに、左下にある木箱を開けると・・・

個人的に嬉しかったポイントは、コーヒーマグカップ・湯呑・ガラスコップと、コップが複数用意されていたことでした!

これだけで、飲み物に合わせてコップを選ぶ楽しみができてワクワクしました(^^)

また、冷蔵庫の中はこんな感じです。

お水は無料で、その他は有料といった感じでした。(私達は、無料の水しか飲まなかったです・・ケチですいません・・笑)

部屋着

部屋着は、作務衣 浴衣 を選ぶことができます。

(写真取り忘れました・・)

個人的には、作務衣がオススメです!

浴衣は雰囲気があって良いのですが、どうしてもはだけてしまったりという煩わしさが、個人的に苦手です・・。

作務衣は、はだける心配がないのと、着心地もよくデザインも渋かわいいので、おすすめです😀

また、羽織もありますので、寒いということは全くないと思います。

温泉用アメニティ

温泉用アメニティは、このような風呂敷に包まれて用意されております😁!

この風呂敷の中には、以下のアメニティが入っております。

  • ヘアブラシ
  • ヘアゴム
  • 綿棒
  • コットン

また、この風呂敷の使い方も紙に書いてありますので、昔ながらの日本文化を味わうこともできます😆

その他(茶菓子など)

アメニティと呼ぶかはわかりませんが、その他のお茶菓子などは以下です(^^)

伝統塩バターと書いてあるのがお煎餅で、その下の丸いお菓子がお饅頭です!

どちらも美味しかったのですが、私達は特にこのお饅頭がどストライクでお土産にも買って帰りました😁

また、一番下に写っているのがお部屋の鍵で、こちらも藍染めが使われており、デザインがgoodでした。

\各サイトで最安値をチェック!/

ラウンジ・お土産コーナーについて

次は、ロビーと一体になっているラウンジとお土産コーナーについてです。

ラウンジについて

ラウンジの雰囲気はこんな感じです。

かなり落ち着いた雰囲気で、ソファに座れば中庭をゆったりと眺めることができます。

また、ホテルの方に教えていただいた情報によると、界の中でもこの中庭がある設計というのは、界 鬼怒川の特徴のようです(^^)

後ほど紹介する、レストランや大浴場の休憩場所からも、この中庭が見えるように設計されています。

少し脱線しましたが、ラウンジは24時間利用することができ、フリードリンクもあります。

❏左から、麦茶/紅茶類/煎茶/お水・お湯/コーヒー

いつでも好きなときに、好きなものを飲めるのは、それだけで贅沢な気分になります。

お土産コーナーについて

お土産コーナーはこんな感じで、結構種類が多いなと感じました!

❏お土産コーナー全体
❏オリジナルお土産コーナー
❏益子焼コーナー
❏藍染めコーナー

私達もそうでしたが、種類も多いのとオリジナル商品も多く、皆さん迷われていました。

チェックアウト間際は、少し混み合っていたので、前日の夜などに買っておく方が、ゆっくり選べると思います😁

大浴場・湯上がり処について

お次はメインの 大浴場&湯上がり処 についてです!

大浴場について

大浴場は客室がある場所から、中庭横の小路を歩いていった場所にあります。

❏中庭沿いの小路

大浴場の中はシンプルで、洗い場・内風呂・露天風呂 で構成されています😁

また、露天風呂には桜がまだ咲いていませんでしたが、受付の玄関にもあった大きな花瓶に、複数本の桜を入れてお花見気分を味わえるように工夫されていました!

❏イメージ:受付の花瓶

こういった気遣いというか、お客さんの目的を理解して、できる限り叶えてくれようとしている姿勢は、星野リゾートの素敵なところだなぁと思います😆

アメニティは大浴場にも一通り揃っているのと、良いと感じたのはフェイスタオルやバスタオルが大浴場に常備されていました!

わざわざ、部屋から毎回持っていくのは荷物が多くなるので、これは便利だと思いました😳

また、サウナはありませんので、サウナ好きの方は一応ご注意ください。

湯上がり処について

温泉から上がってすぐに、中庭に面した湯上がり処があります。

ここが、今回一番のおすすめポイントです!

小上がりになった畳の休憩場所が用意されており、目の前には中庭、壁側には一面藍染めのうちわが並べられており、リラックス効果が抜群です😆!

また、この場所にもラウンジと同じようにフリードリンクがあります!

❏フリードリンク全体
❏黒豆玄米茶/りんごジュース
❏蒸し生姜湯

さらにさらに何と・・・アイスキャンディも食べ放題です😁!

お風呂上がりに中庭を眺めながら、お茶を飲んだり、アイスキャンディーを食べてクールダウンさせる時間は、かなり至福の時間でした😊

今回は、まだ少し肌寒い季節でしたが、夏はここの窓も空いてさらに開放的にリラックスできるんだろうなと妄想していました。

ここでの時間は本当に特別なので、是非行って体感していただきたいです(^^)

\各サイトで最安値をチェック!/

お食事処(夕食・朝食)について

お食事処はラウンジを抜けて、こちらも中庭に面した場所にあります。

界 鬼怒川の特徴でもある中庭が、常に特別感を引き立ててくれます😁

夕食について

夕食は季節によってメニューも異なると思いますので、ざっくりとご紹介させていただきます😊

先ずは、ざっくりとお品書きリストです。

  • 先付け
  • 煮物椀
  • 宝楽守り(八寸・お造り・酢の物)
  • 揚げ物
  • 台の物(メイン)※オプション
  • 食事(土鍋ごはん・留椀・香の物)
  • 甘味

一部お写真でご紹介させていただきます!

❏煮物椀
❏揚げ物
❏土鍋ごはん
❏台の物(メイン):龍神蒸し(伊勢海老と牛ロース)※オプション(別途追加料金)

私達は結婚記念日ということもあって、メインは追加料金を払って、龍神蒸し を追加しました!

追加料金は掛かりますが、味はもちろん美味しいですし、せっかくの旅行なので120%楽しむために、是非追加していただくことをオススメします!

その他の料理は、実際に宿泊したときのお楽しみということで😚

お料理の量は、調度良いという感じでした!

たまに温泉宿に泊まると、これでもかというぐらいご飯が出てきて、最後の方のご飯やデザートが楽しみきれないことがありますが、今回は多すぎず、決して少なすぎず調度良い量でした!

また、出てくる料理がご当地の益子焼の器で出てくるのも、魅力の一つだと思いました。

一つ一つ、きれいなこだわりのお皿で出てくることで、よりお料理を楽しむ体験ができました😊

朝食について

朝食は、ワンプレートで出てきて、中庭を眺めながら食べました!

ご飯とお味噌汁はおかわり自由だったので、私はもりもりおかわりして、朝から爆食いしてました!笑

レストランで一番おかわりしてたかもしれません😁

味は朝食に調度良い、基本的にはあっさりとした味付けでした。

ホテルの朝食は、バイキングが楽しみという方も多いかもしれませんが、たまにはこういった大人な落ち着いた朝食も良いなと思います。

まとめ

最後にまとめですが、星野リゾートで初めての界シリーズ!

そしての初めての界 鬼怒川 でしたが、やっぱり行ってよかったなぁと心から思いました!

星野リゾートの空間作りは、落ち着くけどオシャレ、加えてスタッフのホスピタリティも行き届いていて、毎回宿泊の満足度が予想の一つ上をいきます。

また、界 鬼怒川 は、中庭を中心にした空間作りがされており、日本らしい四季を楽しみながら落ち着くことのできるお宿になっていると思いました。

今回は、桜の時期に行きましたが、春夏秋冬のいつ来ても、また違った景色・違った楽しみのある宿なんだろうと思いました(^^)

湯上がり処に開放感もありますし、個人的には今度は夏に行きたいなと思いました!

非日常空間へのスイッチを入れてくれるケーブルカーや湯上がり処のアイスキャンディーなど、お子さん連れでも楽しめるような工夫・気遣いも随所に見られました!

夫婦でもカップルでも家族連れでも、ぜひ一度は訪れていただきたいとオススメできる、そんなお宿でした😊

\各サイトで最安値をチェック!/

あわせて読みたい
【経年変化を楽しむ財布】MADE IN JAPAN 至高のミニマムサイフ『REVEL ENOUGH』をご紹介 今回は、最近購入したMADE IN JAPANのミニマムサイフ ”REVEL ENOUGH” をご紹介します。 購入したからこそわかる実際の使用感やメリット&デメリットを、本音でレビ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちわ、Heibonzinです!
❏年齢:30代前半
❏住居:関東在住
❏本業:メーカーの品質管理
❏ブログについて
↳基本的に趣味や好きなものについて、オススメのモノを紹介する記事を書いてます。
↳本業のクセで、「単に安い」というだけではなく、「品質(サービス)的にも良いか」という目線でオススメできるものを選んでいます。(コスパ重視です)
↳職業柄、お固い文章になりがちですが、その分、正確に伝えられるように頑張ります!

コメント

コメントする