【KINTOで新型アルファードはアリ?】買えない人は一度見て!KINTOという選択肢を検証してみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Heibonzin

こんにちわ!
今回は、「アルファード・ヴェルファイアをKINTOで契約するのはありか?」について解説します!

ついに、フルモデルチェンジで【新型(40系)アルファード・ヴェルファイア】が発売されましたね!

❏出典:KINTO公式サイトより抜粋

リーク画像の時点から、非常に盛り上がっていたので、待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、予想していた通りではありますが

  • 初回発売分は、抽選販売でそもそも購入できない
  • 抽選に当たっても納期が長い
  • 金額が、540万円〜とかなり値上がりして高額

そのため、「欲しかったけど買えない・・」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな「納期」や「価格」の問題で買えないと諦めていた方に、オススメのサービスが、トヨタ公式のサブスク『KINTO』というサービスです。

▼公式はこちら▼

すでに知っている方や、気になっていた方も多いかもしれませんが、今回は、

  • KINTOで新型アルファード・ヴェルファイアを利用するメリット、デメリット
  • KINTOがオススメな理由
  • 「KINTO」と「購入」の比較

などについてご紹介していきます。

新型アルファード・ヴェルファイアが買えないと諦めていた方も、憧れの車に手が届く新しい選択肢になる可能性があるので、ぜひ参考にしてみてください!

KINTOでのシュミレーション結果!

まずは、新型アルファード・ヴェルファイアのKINTOでの見積もり結果を発表していきます!

また、購入した場合のざっくり見積もりとも比較していますので、参考にしてみてください。

新型アルファードのKINTO見積もり結果

新型アルファードについて、以下の条件で見積もりしてみた結果、

❏出典:KINTO公式サイトより抜粋

月額:85,690円(税込み)

総支払額:85,690円/月×12ヶ月×7年=7,197,960円(税込み)

という結果になりました!

新型アルファード見積もり条件

グレード

  • Z GAS 2.5L 2WD(7人)

オプション

  • プラチナホワイトパールマイカ
  • セーフティパッケージ(トヨタチームメイト、フロアマットなど)
  • サイドバイザー(RVワイド)
  • 12.1型後席ディスプレイ 「V12T-R72C」
  • 前後方ドライブレコーダー
  • カラーヘッドアップディスプレイ+タッチトレーサーオペレーション+静電式ステアリングスイッチ
  • デジタルインナーミラー
  • 左右独立ムーンルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)+後席用パワーサイドサンシェード(スライドドアガラス・リヤクォーターガラス)

支払いプラン

  • プラン:初期費用フリープラン
  • ボーナス支払い:なし
  • 契約期間:7年

ボーナス払いなし、ほぼフルオプションで見積もりしております!

契約期間は7年と長めですが、アルファードというミニバン車種の特性上長く乗れることと、長く乗ったほうが、税金や車検費用などの維持費用分がお得になるのでオススメです!

新型ヴェルファイアのKINTO見積もり結果

新型ヴェルファイアについても、以下の条件で見積もりしてみた結果、

❏出典:KINTO公式サイトより抜粋

月額:95,810円(税込み)

総支払額:95,810円/月×12ヶ月×7年=8,048,040円(税込み)

という結果になりました!

新型ヴェルファイア見積もり条件

グレード

  • Z Premier GAS 2.4L+ターボ 2WD(7人)

オプション

  • プラチナホワイトパールマイカ
  • スタンダードパッケージ(ユニバーサルステップ、フロアマットなど)
  • サイドバイザー(RVワイド)
  • 12.1型後席ディスプレイ 「V12T-R72C」
  • 前後方ドライブレコーダー
  • デジタルインナーミラー

支払いプラン

  • プラン:初期費用フリープラン
  • ボーナス支払い:なし
  • 契約期間:7年

こちらも、ボーナス払いなし、ほぼフルオプションで見積もりしております!

アルファードより高い見積もり結果となりましたが、ヴェルファイアの場合は、グレードがZ Premier と高いグレードであるためと推測します。

個人的には、アルファードの方がオススメかな?という結果です。

新型アルファードを一括購入した場合と比較してみた!

先ほど、アルファードの『7年・フルオプション』での見積もり結果を記載しましたが、一括購入と比較してどうなのか?ということが気になる方のために、KINTOの公式サイトに記載してある比較結果を載せておきます。

※こちらは、『5年・オプション(フロアマットのみ)』の見積もりなので、ご注意ください。

KINTO現金一括
月額費用80,630円
①車両代・オプション代月額利用料に込み5,477,000円
②税金・諸費用(自賠責、自動車税等)月額利用料に込み513,290円
③任意保険、メンテンナンス、車検1回月額利用料に込み2,186,032円
④5年後の下取り価格車両返却2,902,810円
総額(5年)
※総額=(①+②+③)-④
4,837,800円5,273,512
❏KINTO公式サイトより抜粋
  • アルファード Zグレード(GAS・2WD)、オプション(フロアマット)にて算出
  • KINTOは初期費用フリープラン5年契約の場合
  • 表示価格は全て税込です
  • 2023年6月21日時点の情報です
  • 本シミュレーションは、弊社データをもとに、当社が設定する独自の前提条件にもとづいて試算するものです。試算結果はあくまでも参考目安であり、実際のお支払い額や平均支払い額等をお約束するものではありません(KINTO以外のお支払いプランは、KINTO月額利用料に含まれるサービス内容にて算出)。
  • 自動車保険は旧型アルファードS“TYPE GOLDⅢ” (GAS・2WD)の車両価格、年齢条件は全年齢を対象、6S等級で算出。
出典:KINTO公式サイトより抜粋

比較結果は、購入時期、オプション内容や下取り価格などによって変わるので、参考程度にしておいてください。

特に、下取り価格については、5年後のアルファードがもう少し高く売れる可能性は十分にあると思います。

但し、未来は誰にも予想できないことと、最初にも記載した通り、売却の際にはそれなりの労力が掛かります。

そういったことから、(未来の)売却のときのことはあまり考えずに、納期を早く新車を手に入れたい方にはKINTOがオススメです!

▼公式はこちら▼

見積もり結果を比較する際は、購入後の維持費用が含まれいることはお忘れなく!

【メリット4選】KINTOがオススメな理由!

KINTOは、トヨタが公式に展開している新しい車の所有形態「車のサブスク」となります。

サブスクなので、月額制(毎月同じ金額を支払うこと)で車を所有する形になります。

また、車の所有形態をサブスクにすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 初期費用が抑えられる
  • 月額費用は、税金、車検代、保険代、メンテンナンス費といった維持費もコミコミ
  • 納期が購入と比べて早い
  • 契約がシンプルで面倒な手続きが一切ない

それぞれについて、もう少し詳しくご紹介します。

メリット①:初期費用が抑えられる

KINTOの料金プランには、

初期費用フリープラン

解約金フリープラン

の2種類があります。

「初期費用フリープラン」は、その名の通り「初期費用0円のプラン」になりますが、契約した年数の途中で解約したい場合、解約金が発生します。

「解約金フリープラン」は、初期費用は掛かりますが、契約期間中いつでも解約可能なプランとなっています。

それぞれを比較して、表にまとめると以下のようになります。

初期費用
フリープラン
解約金
フリープラン
初期費用なし月額費用の5ヶ月分
(数十万円程度)
契約期間3年/5年/7年3年
(再契約可能)
ボーナス払いなし/5.5万円
/11万円/16.5万円
利用不可
中途解約金ありなし
契約満了後・次の車へ乗り換え
・車の返却
・そのまま再契約
・次の車へ乗り換え
・車の返却

初期費用が完全に無料の「初期費用フリープラン」はもちろんのこと、「解約金フリープラン」であっても、数十万円程度に初期費用を抑えることができます。

通常、車を購入しようとした場合は、数百万円が必要になってくるので、新車が欲しいけどそこまで初期費用を掛けたくない(掛けられない)という方には、一つの選択肢になってくると思います。

メリット②:納期が購入と比べて早い!

ここまでは、「コスト」に関するメリットをお伝えしましたが、KINTOは「納期」についてもメリットがあります。

昨今、コロナや半導体不足をきっかけに、新車の納期が長期化しています。

最近はかなり回復してきたものの、それでも人気の車種では、まだまだ長納期となっています。 

せっかくの新車なので、皆さんできる限り早く手に入れたいと思いますよね。

KINTOは、トヨタ公式のサブスクというだけあって、基本的にディーラーで新車購入するよりも同じかそれ以上に早い納期目安になっています。

各車種の納期目安は、KINTO公式サイトで確認できるので、ディーラーなどから提示されている納期とどちらが早いかは、ぜひ確認してみてください。

メリット③:契約がシンプル!面倒な手続き一切なし!

新車を購入する場合、何度かディーラーなどの車販売をしているお店に出向き、やり取りする必要があります。

また、できる限り安く手に入れたいと思う場合は、相見積もりも兼ねて他の店舗に出向いてやり取りをしたり、値引き交渉をしたりと安く購入するためとはいえ、中々の労力が掛かります。

しかし、KINTOの契約形式は至ってシンプルで、基本的にはネットで完結するため、販売店に出向く必要がありません!

申し込み完了のSTEPは、主に4STEPとなっています。

  1. 公式サイトで欲しい車を選んで見積もりをする。
  2. 必要情報の入力&契約
  3. 本人確認書類などの必要書類を提出
  4. 販売店(家付近のディーラー)でマイカーを受け取り

販売店に出向く必要がないため、

  • 何度もお店に出向く時間が必要ない
  • 値引き交渉などの駆け引きの必要がない
  • オプションも自分で選択できるので、営業に余計なオススメをされない

といってメリットがあります。

新しいマイカーは欲しいけど、少し車の購入に行くことや営業とのやり取りが面倒と感じる方にも、KINTOはオススメの選択肢になると思います。

メリット④:月額費用には維持費用もコミコミ

KINTOの月額費用には、次のような維持費用が全て含まれた料金になっています。

  • 税金
  • 車検代
  • 自動車保険料
  • メンテナンス(定期点検)費用
  • 消耗品代(エアコンフィルターやワイパーなど)
  • 修理費用

このように、車に掛かる維持費はほぼ全て含まれているので、残る維持費としては、「ガソリン代」と「駐車場代」ぐらいではないかと思います。

KINTOの月額費用をシュミレーションすると、数万円以上になるので、高いと感じるかもしれませんが、シュミレーションされる方は、これらの料金が含まれていることを忘れずに新車購入と比較してみてください!

車は、購入時に大きな初期費用が掛かり、購入後も税金の支払いや車検代など、急に大きな出費に繋がります。

\シュミレーションで月額費用をチェック!/

KINTOの場合、維持費なども含めて月額費用が一定額で設定されているため、毎月の家計管理が非常にやりやすくなるのも、大きなメリットです。

どっちがお得?「KINTO」と「購入」を比較してみた!

ここまでアルファードなどを例にKINTOのサブスクとしてのメリットをご紹介しましたが、一般的な購入との違いを比較してみます。

購入は、「一括購入」と「ローン購入」と「残クレ購入」に分けて表にまとめてみました!

※Goodと思う箇所を赤文字にしています。

KINTO一括購入ローン購入残クレ購入
初期費用
0
でも

数百万円

0円でも可

数十万年
月額費用
(固定)

数万円

0円

数万円

数万円
利息
なし

なし

あり

あり
税金
(月額込)

あり

あり

あり
車検代
(月額込)

あり

あり

あり
保険代
(月額込)

(任意)

(任意)

(任意)
消耗品代
(月額込)

(任意)

(任意)

(任意)
走行距離制限
1500km以内/月

なし

なし

約1000km以内/月
売却メリット
なし

あり

あり

なし

比較してまとめた結果、「KINTO」もしくは購入の場合は「一括購入」がオススメの選択肢であることがわかりました!

「ローン」や「残クレ」での購入は、「利息が発生すること」や「購入後の維持費も掛かる」ことから、初期費用を抑えて月額制で購入するなら、KINTOの方がオススメといえると思います。

「KINTOがオススメな人」「一括購入の方がオススメな人」を分けるとこんな感じです!

「KINTO」はこんな人にオススメ!
  • 初期費用を抑えたい、又は用意できない人
  • 車でローンを組みたくない人
  • 車購入後の維持費用を考えたくない人
  • 走行距離が、1ヶ月で1500km以内の人
  • 車を売るときのことを考えない人
「一括購入」はこんな人にオススメ!
  • 初期費用(数百万円)が用意できる人
  • 車でローンを組みたくない人
  • 維持費用などがある月に固まっても払える人
  • 1ヶ月の走行距離が長い人
  • 車のトータル費用に売却メリットも考慮したい人

大きな違いとしては、「車を購入、維持できるだけの預金があるか」「売却メリットを考慮するかどうか」だと思います。

預金額の多さは言わずもがな、今ある程度のお金を持っているかどうかです。

それは、誰しも車の購入を検討するときには考えていると思います。

どちらかというと、「売却メリットを考慮するか」が大事なポイントです。

購入して数年後、乗り換えの際に事故もなくある程度キレイに乗れていれば、少なくとも数十万円、人気車種であれば数百万円の売却メリットがあります。

但し、「事故もなくある程度キレイに乗っていること」と「売却にはそれなりに労力が掛かる」といった条件もあるので、そういったことが特に問題なくこなせる人は、売却メリットも考えて購入を検討してみてください。

逆に、「数年後のことを考えるのは面倒」や「売るときの対応が億劫」と思う方は、KINTOも検討して見てください!

これからも、皆さんの生活が少し楽になる情報を発信していきますので、良ければブックマークしていただけると嬉しいです!

他にも、色々なオススメ情報を発信しているので、良ければのぞいてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちわ、Heibonzinです!
❏年齢:30代前半
❏住居:関東在住
❏本業:メーカーの品質管理
❏ブログについて
↳基本的に趣味や好きなものについて、オススメのモノを紹介する記事を書いてます。
↳本業のクセで、「単に安い」というだけではなく、「品質(サービス)的にも良いか」という目線でオススメできるものを選んでいます。(コスパ重視です)
↳職業柄、お固い文章になりがちですが、その分、正確に伝えられるように頑張ります!

コメント

コメントする