初心者向けの投資について〜考え方編〜

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、投資初心者の方向けの 投資についての考え方 を書いていきます。

投資についての考え方は、本当に千差万別で個人差があるものですが、

個人的には投資は やり方 よりも 考え方 の方が大事だと思ってます。

特に、これから投資を始めたい!と思っている初心者の方は、初めに考え方を固めて置くだけで、これからの投資が楽しい!と思うか苦痛・・と思うかが、全然変わってきます!

なぜ、投資は考え方 が大事なのか・・それでは、ご覧ください(^^)

投資の考え方 その①:さっそく、結論!投資=メンタル だから!

はい、さっそく結論です!笑

投資=メンタル なのです!そして、投資=メンタル だから、考え方が大事なのです!

投資=メンタル?だから考え方が大事??どういうこうと???

と思った方には、今回の記事がお役に立てるかもしれません。

そもそも、投資と呼ばれるものには、色々な種類がありますが

今回は、株式投資などのお金を増やすための類のものを投資と呼ばせていただきます。

おそらく、今インスタ、Youtube、本、テレビなどで

「つみたてNISAをやろう!」とか「投資は、長期的に見れば絶対損はしない!」とか

そういった話を聞いて、損しないならやった方が良い!と思っている方が多いと思います。

この情報は、間違いではありません。あくまで過去のデータ上ですが、15年以上持っておけば、マイナスにならず、100%プラスになっているモノは存在します。

だから、「長期的には絶対損はしない!」とか「(長期投資前提の制度)つみたてNISAをやろう!」って言葉が、世の中に溢れているわけです。

ここでポイントは、長期的(15年以上)という言葉です!ここが、今回のメンタルに通ずる部分なのです!

要は、「明日、お金持ちになろう」とか「1年後お金持ちになろう」とか「5年後お金持ちになろう」とか・・そんな上手い話ではないですよってことなんです。

一度「私やります!」と決めたら、「15年以上待ちなさい、それができれば必ずお金持ちにしてあげましょう!」というお話です。

逆にいうと、その15年間の中には、損しているタイミングもあるんです。

例えば、5年間投資し続けているものがあるとして、6年目に損をしているときは、自分が投資した5年分の元金より少なくなっている現象が起きる訳です。何なら、半減なんてこともありえます。

それでも、何も変えず、耐えて、静観だけして!15年以上経てば!晴れてお金持ち〜ということですね〜。

どうですか?私と同じド普通の皆さん(←毎度失礼 笑)?メンタルだと思いませんか??

そしてこのメンタルに耐えるメンタル構築が必要で、メンタル構築=考え方 なわけです。

そういうことね、私は全然大丈夫だわ!15年?余裕余裕〜♪という方は、今回はここまでで良いと思います。

あ〜!そういうことか〜!15年も耐えれる自信ねぇ〜〜!!!😫😫😫という方は、この後に15年耐えるための具体的なメンタル構築(考え方)について記載しますので、ぜひ読んでみてください。

投資の考え方 その②:投資=貯金(預金)と同じ!投資は余剰金でやる!

「投資=貯金(預金)と同じ!」

初心者の方には、この表現が一番わかりやすいと思うので、この言い方で記載しております。

厳密にいうと、全然違います。笑(←どっちやねん 笑)ただし、”厳密にいうと”です。

ここで皆さんに知っていただきたいのは、専門用語の正しい知識ではなく、あくまで 考え方 なので、考え方をわかりやすくお伝えするための 例え と認識してください。

さて、本題ですが、投資初心者の皆さん!あなたの貯金は、15年後いくらになっていますか?

これを正確に、「いくらです!」と答えられる人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

では、逆に、投資初心者の皆さん!あなたの貯金は、15年後0円ですか?

この質問ならどうでしょう?ほとんどの人が、「0円はないです!」と明確に答えるのではないでしょうか?

少し回りくどい言い方をしましたが、皆さん貯金の感覚はそれぐらいアバウトってことです。

では、なぜそれぐらいアバウトなのでしょうか?おそらく理由は下記です。

・すぐ使うお金ではないから

・毎月一定額を貯金しているわけではないから

・15年の間に、いくら使う(いくら減る)なんか、わからないから

・・etc.

結論は、投資もそれぐらいアバウトな感覚で始めましょう!ってことです。

逆にいうと、それぐらいのメンタルで実施しないと、15年以上も我慢できないってことです。

そんなアバウトな感覚で大丈夫・・?なんか心配・・って思いましたか?

でも安心してください、投資を始めたら皆さんの周りには、嫌でも投資の情報で溢れますから!笑

アバウトに考えようとしても、インスタ、Youtube、Twitterなどで、

・この投資が正解!

・これだけやっていれば大丈夫!

・この株が急落・・乗り換えるべき・・?

などなど、本当に皆さんのメンタルを揺さぶるような情報で溢れてきます。

そうすると、気になった結果どうするか?色々調べますよね?

そこで調べて、勉強するのは良いことなんです。

ただ、そこで情報に流されて、15年以上待つという最初の大目標が崩れてしまうのがダメなんです。

はっきりもう一度言います、それがダメなんです。

だから、情報が溢れて、勉強して、それでも大目標が崩れないためには、

貯金ぐらいのアバウトな感覚で始めた方が良い!というのが、ここの結論です。

勉強した結果は、「ふ〜ん、なるほどね〜」という気持ちで見れるぐらいが調度良いってことです。

さぁ皆さん、できそうでしょうか?それとも難しそうと感じたでしょうか?

次の最後で、投資=貯金と考えられるための、より具体的なステップを紹介しますね。

投資の考え方 その③:具体的ステップ!先ずは、本当に貯金から!

ここまで書いたメンタルを構築するための具体的なステップは、以下です。

  • STEP1:先ずは、身の回りのお金を整理して、極力無駄な出費を失くそう!
  • STEP2:出費を抑えたら、本当の貯金を増やそう!目標は、最低6ヶ月〜2年分の生活費!
  • STEP3:メンタル構築準備完了!さぁ、投資の世界へ!

上のSTEPを見て、もうSTEP2まではOKやで〜😁って方は、すぐに投資を初めても全く問題ないと思います!(最後の方に、STEP3のちょっとしたコツを書いてますので、参考にしてみてください😁)

STEP1、2が完了していない人は、必ずこのSTEPを踏んでください。

このSTEPを踏むか、踏まないかは、投資を始めた後のメンタルが、全く変わってきます。

要は、投資を始める前に、余裕を持ちましょうということです。

STEP1も2もまだや〜😫てか、出費を抑えるってどないすんねん〜😫😫という人は、私が前回まとめたお金の勉強方法の記事(下記リンク)を参考にしてみてください。正直、Youtubeでタダで勉強できますよ😁

超初心者向け!お金の勉強方法〜オススメ3選〜

STEP1さえ完了してしまえば、実質STEP2は自動的に完了しますので、STEP1だけ頑張りましょう!

必ず、今後の人生のためになりますから!

STEP3まで到達した方!最後に投資をする際のメンタル構築でオススメのちょっとしたコツがあります。

それは、投資先ごとに、そこに投資すると決めた理由や自分の中のルールを書き出す!ってことです。

投資先ごとに以下を書くイメージです。

・なぜ、ここに投資をすると決めたのか?

・この投資先は、どれぐらいの期間保有すると決めて買うのか?

・この投資先に、いくらぐらい投資するのか?その理由は?

・この投資先を売るタイミングは?金額?期間?

など、投資先ごとのルールを決めておくのが、コツであり、オススメです。

おそらく、投資をしている方は共感できると思うのですが、明日の自分は昨日までの自分を裏切ろうとします。笑

買ったときはこうと決めたのに、その後の情報に左右されて、買ったときの決意を忘れて違う行動を取ってしまう。これ、本当にあるあるなんです。笑

なので、買ったときの理由やルールを書き出しておくことで、迷ったときにそれを見返せます。

そのことで、考え方のブレを回避できるので、このコツがオススメです😁

まとめ

今回のまとめです!初心者向け投資の考え方は、

  • その①:投資=メンタル だから考え方が大事でっせ!
  • その②:投資=貯金 と考えるぐらいが良いでっせ!
  • その③:先ずは、本当の貯金から始める っていう余裕が大事でっせ!

でした〜!

この記事を読んで、少しでも投資を初めてみよう!と思っていただければ、とっても嬉しいです!

最後に、この記事が誰かに読まれて、誰かの役に立ちますように(^^)

最後まで、お読みいただきありがとうございました〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちわ、Heibonzinです!
❏年齢:30代前半
❏住居:関東在住
❏本業:メーカーの品質管理
❏ブログについて
↳基本的に趣味や好きなものについて、オススメのモノを紹介する記事を書いてます。
↳本業のクセで、「単に安い」というだけではなく、「品質(サービス)的にも良いか」という目線でオススメできるものを選んでいます。(コスパ重視です)
↳職業柄、お固い文章になりがちですが、その分、正確に伝えられるように頑張ります!

コメント

コメントする