お正月 星野リゾート BEB5軽井沢〜2022年の年明けを優雅に過ごした旅行記②〜

当ページのリンクには広告が含まれています。

なぜ、ここにしたかというと、星野リゾート BEB5 には 29歳以下エコひいきプラン というものがあります。

29歳以下エコひいきプランというのは、29歳以下であれば 1泊1室15,000円 で宿泊できるプランです!

今回、私は夫婦で行ったので、15,000円÷2で1人1泊7,500円、2人2泊合計で 30,000円!(税抜き)

お正月の軽井沢でこの値段!しかも、ハルニレテラス(星野エリア)に近い好立地!しかもしかも、安定の星野リゾートブランド!まさに、破格 としかいいようのないお値段です。(神コスパ)😇😇😇

また、関東在住なので、いつもなら車で軽井沢に行くんですが、今回は時期的に雪が心配だったので、車ではなく新幹線+バスで移動しました!

新幹線とバスの移動手段についても、調べた内容や体感内容も書きたいと思います(^^)

前置きが長くなりましたが、そんな星野リゾート BEB5に泊まって 最高に優雅だった2022年お正月旅行 の内容を書いていきます。

それでは、スタ〜ト〜!

お正月軽井沢②-1:いざ!バスで星野リゾート BEB5軽井沢へ!

続いて、いよいよ今回のお宿 星野リゾート BEB5軽井沢 へ向かいます!

軽井沢到着〜ホテルへ出発までの内容は、前の記事その①にまとめてますので、見ていただけると幸いです(^^)

さて、冒頭にも記載している通り、今回はバスでBEB5軽井沢に向かうのですが、本当にちゃんと行けるかな?っと少し不安でした・・不安な理由が、ネットで調べてもあまりちゃんと出てこなかったんですよね😅

しかし、ご安心ください!結論、ちゃんと行けます!しかも、けっこうお安く便利です!

※後述しますが、複数人(3〜4人以上)の場合は、タクシーで割り勘の方がお得な場合があるのでご注意ください。

先ずは、アウトレットのロッカーに預けていた荷物を取りに行き、軽井沢駅からバスに乗ることにしました!

バス乗り場ですが、星野エリアのアクセスページに記載されている画像がわかりやすいので、使わせていただきます。

BEB5軽井沢に行くには、上画像の軽井沢駅1階北口の1番乗り場に来るバスであれば、どれに乗っても問題ありません(^^)

ただし、1点注意ポイントがあります!BEB5軽井沢に最も近いバス停は、「星野エリア」ではなく、1つ前の「湯川」というバス停です!

星野エリアはたしかに徒歩圏内ですが、行きや帰りは大きな荷物があると思うので、少しでも近い方が良いと思います!なので、「湯川」というバス停で降りることをオススメします。

ざっくりですが、「星野エリア(バス停)」からBEB5軽井沢まで約10分〜15分、「湯川」からBEB5軽井沢まで約5分という感じで、徒歩でいうとけっこう差があると思いますので、ご注意ください。

バス停の情報は、西武バスの画像から拝借します。

赤丸「湯川」というところが、目的地です!

ちなみに、乗車賃は私達のときは、470円でした!これは、時期によっても変わる可能性ありますが、約500円ぐらいと考えれば良いかと思います(^^)

冒頭でも書きましたが、タクシーの場合、1500円〜2000円のようです。なので、3〜4人以上の複数人の場合はタクシーの方がお得な可能性がありますが、私達のように2人旅行の場合はバスの方が間違いなくお得です☆彡

1つ注意点としては、そこまでバスの本数が多いわけではありません。最初に、何時ぐらいのバスに乗るかは決めておいた方が、無難かと思います。

↓一応、西武バスさんの路線時刻表も載せておきますので、参考にしてみてください。

西武観光バス路線図.pdf

お正月軽井沢②-2:到着!星野リゾート BEB5軽井沢!

はい!バスに運んでもらうこと、約20分🚌 ようやく到着です!(到着まで長くてすいません 笑)

はい、どーーーーん!!

BEB5は高級旅館というわけではないので、お正月のイベント爆発!というわけではなく、気持ちレベルです。笑

ただ、さすがは星野リゾートで工夫はされていて、書き初めのコーナーお年玉代わりのミルキー(1箱)の配布がありました!

もちろん、書き初めもやったし、ミルキーも頂きましたよ☆彡(写真撮るのを忘れました・・笑)

また、冬季は TAMARIBA と呼ばれる中庭に コタツ焚き火 が出現します😁

★お昼のTAMARIBA
★夜のTAMARIBA

軽井沢の冬は冷えるし、雪もちらつきますので、ずっと居るのは少し厳しいですが、雰囲気が抜群に良いし、何よりワクワクします!また、子供たちは焚き火とかに大喜びしてずっと眺めてました😁

さて、到着して程なくチェックイン!BEB5は、事前にメールでQRコードが送られますので、それをピッとすればチェックインが完了します。野暮ったい手続きは特になく、カジュアルなこの宿にはピッタリだと思います(^^)

今回泊まったお部屋のタイプは、こちらの ヤグラルーム と言うお部屋です。

以前、別タイプの ツインルーム というベット2つだけのシンプルな部屋にも泊まりましたが、個人的にはヤグラルームの方がよかったかなぁという感じです。ヤグラルームの画像にもある、下の正方形クッションの部分でくつろぐ時間が最高でした😆 ツインルームでくつろぐ場合、何かとベットになるのが少し不便だったかなぁという感覚です。

今回は、お正月をゆっくりくつろぎながら、軽井沢で過ごすことが目的でしたので、ヤグラルームがぴったりでした(^^)

お部屋やTAMARIBAで軽くくつろぎ、少し日が傾いてきたので、星野エリアにむかいます。

お正月軽井沢②-3:トンボの湯 と 村民食堂 の コンビが最強だった件!

はい!やってきました、星野エリアです😆!

BEB5のコスパの良い理由は、こちらの星野エリアが徒歩圏内であることです😁

星野エリアは、美味しい飲食店や雑貨屋さん、お土産屋さんなどのお店が集まっている場所で、特に飲食店は美味しいお店ばかりで、めちゃくちゃ楽しめます!(雑貨屋さんは、少し庶民にはお高めかな・・?という印象)

私達が、最初に向かったのは 星野温泉 トンボの湯 です!

まず、BEB5の宿泊者は、1人600円で利用可能です。基本利用料は1350円、お正月などの特定期間は1550円・・

なので、BEB5の宿泊者はめちゃくちゃお得なのです!(バスタオル・フェイスタオル付きも嬉しい)

さらに、なぜディナーの前に温泉に行ったかというと、このトンボの湯、実は4時間以内であれば再入場が無料でできるんです!ならば、2回行くしかないでしょ!ということで、ディナーの前に一風呂、食べたあとにも一風呂の作戦です😁

ただし!ここで注意点です!1回目にもらったバスタオルやフェイスタオルは、2回目入るなら返さずに持ち帰りましょう!笑

なぜかというと・・私達は2回目の再入場でもタオルは借りれると思って、1回目のあとに普通に返却・・

その結果、2回目入るときに購入することになってしまいました😇😇(せっかく、お得に入れるのにもったいない・・)

これだけ、注意点なのでお気をつけください。笑

さて、気を取り直して、ディナーです😁

ディナーはタイトル通り、

” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener” title=”あつあつ極うま鍋特集”>あつあつ極うま鍋特集 をやっていたので、お鍋とレンコンのはさみ揚げを頼みました!

味は言わずもがなですが、あえて言いましょう!極うま!極旨!極美味!(うるさくて、すいません😂)

ひっじょ〜に、美味でした〜!幸せでした(^^)

このあと、上でも書いたとおり、2回目の温泉に入って、BEB5に戻りました。

1日目から、軽井沢を堪能〜。何と優雅。何と幸せ。

この日は、温泉の温もりがあるうちに就寝しました。

次は、2日目の食っちゃ、のんびり、時々散歩と読書 な軽井沢をお届けします。

最後に、この記事が誰かに読まれて、誰かの役に立ちますように(^^)

最後まで、お読みいただきありがとうございました〜!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちわ、Heibonzinです!
❏年齢:30代前半
❏住居:関東在住
❏本業:メーカーの品質管理
❏ブログについて
↳基本的に趣味や好きなものについて、オススメのモノを紹介する記事を書いてます。
↳本業のクセで、「単に安い」というだけではなく、「品質(サービス)的にも良いか」という目線でオススメできるものを選んでいます。(コスパ重視です)
↳職業柄、お固い文章になりがちですが、その分、正確に伝えられるように頑張ります!

コメント

コメントする